脳梗塞リスク評価をおこなってみませんか? 一般の方-脳梗塞リスク評価について一般の方-脳梗塞リスク評価について一般の方-脳梗塞リスク評価について

脳梗塞検査アミンファーマ研究所が世界で初めて開発した脳梗塞リスクマーカーは全国で200以上の医療機関、企業健保、自治体などで採用されています

脳梗塞リスクマーカー(脳梗塞検査)では採血だけで脳梗塞のリスクを検出できる

アミンファーマ研究所が世界で初めて開発した脳梗塞マーカーは、かくれ脳梗塞の段階から早期の発見に役立つ診断ツールとして、注目されています。アミンファーマの脳梗塞マーカーは、血液検査だけで「自覚症状のないかくれ脳梗塞、脳梗塞のリスク」を約85%の精度で検出できるのが特徴。血中に含まれる毒性の強い細胞傷害物質「アクロレイン」の量を測定して、「ローリスク(低値)」「境界値」「ハイリスク(高値)」の3段階で脳梗塞の発症リスクを評価します。磁気共鳴画像装置(MRI)を使った画像検査のファーストスクリーニングとして利用が進んでおり、全国で200以上の人間ドックや医療機関、企業健保、自治体などで採用されています。

脳梗塞検査(脳梗塞リスクマーカー)実施医療機関一覧

お知らせ|脳梗塞検査 株式会社アミンファーマ研究所

脳梗塞検査 産学共同研究 私どもは産学共同研究を推進しながら、今後も大学の研究成果の実用化に努めて参ります。

  • 国立大学法人千葉大学 大学院薬学研究院病態分析化学研究室(戸井田教授)
  • 千葉科学大学 薬学部 病態生化学研究室(柏木教授)

ご案内

  • 公的研究費等の不正防止に対する取り組み
脳梗塞検査|株式会社アミンファーマ研究所
脳梗塞検査
(株)アミンファーマ研究所
>>TOPページへ戻る