ご案内

公的研究費等の不正防止に対する取り組み

平成27年1月30日

株式会社アミンファーマ研究所における公的研究等の不正使用防止に関する基本方針

公的研究費等は、その大部分が国民の貴重な税金で賄われております。そのため、公的研究費は社会の信頼と負託によって支えられており、その不正使用は社会からの信頼等を揺るがしかねない問題であることを強く認識する必要があります。したがって、当社がこの公的研究費を活用する場合は、その管理について、当社の責任において適正に行う必要があると認識しております。

当社は、公的研究費等の適正な管理・運営のため、不正使用を誘発する要因を除去し、抑止機能を備えた環境・体制の構築を図るため、次のとおり公的研究費等の不正使用防止に関する基本方針を定めます。

1. 不正使用防止対策に関する責任体系を明確化するとともに、社内外に周知・公表する。

2. 物品購入に係るルールやその事務処理に関する権限と責任について明確化するとともに、不正使用防止対策に関する関係者の意識向上を図り、抑止機能を備えた環境・体制の構築を図る。

3. 不正使用の発生においては厳正に対処し、また、迅速に代表取締役まで情報が上がる体制を構築する。さらに、不正使用を発生させる要因を把握し、不正防止計画推進班を社内に置き、関係者の自主的な取り組みを喚起し、不正の発生を防止する。

4. 適正な予算執行を行うために、上記2の通り、物品購入に係るルールやその事務処理に関する権限と責任について明確化したシステムを構築し、公的研究費等の適正な運営、管理を行う。

5. 公的研究費等の使用に関するルール等が適切に情報共有・共通理解される体制を構築する。

 

相談窓口

総務部

soumu@amine-pharma.com

通報窓口

総務部

soumu@amine-pharma.com

*または、直接、最高管理責任者でも可

ご案内 |脳梗塞検査|株式会社アミンファーマ研究所
ご案内
脳梗塞リスク評価サービス
(株)アミンファーマ研究所
>>TOPページへ戻る