医師・医療機関向けお知らせ

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(千葉県我孫子市)

千葉県我孫子市の 医療法人社団平和台病院 予防医療センター で脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(簡易型・人間ドックオプション・脳ドックオプション)

 

>アミンファーマ研究所

千葉県知事、千葉市長を表敬訪問しました

先日の文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞を報告させていただくため、千葉県知事、千葉市長を表敬訪問いたしました。

また、千葉日報(2017年6月26日)に、千葉市長訪問時の記事が掲載されました。

6月9日 森田知事と

6月9日 森田知事と

 

6月6日 熊谷市長と

6月6日 熊谷市長と

市長訪問時の様子

市長訪問時の様子

 

 

>アミンファーマ研究所

読売新聞に掲載されました

読売新聞(2017年6月9日 千葉版)に弊社記事が掲載されました。

「脳梗塞 早期発見法を開発」として、先日の文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞と、弊社の脳梗塞リスク評価サービスについて紹介いただいております。

自覚症状のない初期の脳梗塞を早期発見し、生活習慣を改善することで、重症化を予防する。より多くの方の健康維持のために、弊社サービスをお役立ていただきたいと思います。

 

 

>アミンファーマ研究所

神奈川県未病ブランドのPR動画で紹介されました

神奈川県が県の取組みや魅力を情報発信している「かなチャンTV」に、未病ブランドPR動画が公開されました。弊社の脳梗塞リスク評価サービスが紹介されておりますので、是非ご覧ください。

 

>>かなチャンTV
 神奈川発! ME-BYOでつくる健康長寿社会 ME-BYO BRAND編 #2
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1197/ktv/detail.html?id=YpuydW0coX4&ch=1

 

 

>アミンファーマ研究所

松本地域健康産業推進協議会に参加いたします

この度、松本地域健康産業推進協議会への参加を承認いただきました。

松本地域健康産業推進協議会は、松本市の掲げる「健康寿命延伸都市構想」を推進するために必要な事業を行い、同構想を持続可能なかたちで推進するための新しい需要を創造し、新しい産業を創出することを目的とした組織です。

弊社の脳梗塞リスク評価が、松本市の「健康寿命延伸都市構想」推進のお役に立てることを期待し、活動して参ります。


>松本市HP
「松本地域健康産業推進協議会について」
 https://www.city.matsumoto.nagano.jp/kurasi/sigoto/syutokaigi/tiiki_kenkousangyo.html



>アミンファーマ研究所

脳梗塞の悪化を抑える化合物を開発

当社は、千葉大学、千葉科学大学と産学共同研究を進め、脳梗塞の悪化を抑える化合物を開発いたしました。

脳梗塞になった直後のマウスに投与すると、細胞が死ぬ範囲を抑える効果があり、発症前から与えると、症状の進行を予防する効果があることが確認できました。今後は産学連携に加え、製薬企業等との産産連携も推進し、治療だけでなく予防に使える新薬の実現を目指します。

 

本日の日経産業新聞(平成29年5月9日 第8面)に本件記事が掲載されております。

 

>アミンファーマ研究所

文部科学大臣表彰(科学技術賞)を受賞しました

当社の代表取締役社長である五十嵐一衛が、平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の科学技術賞の技術部門を受賞いたしました。

科学技術賞の技術部門は、中小企業、地場産業等において、地域経済の発展に寄与する優れた技術を開発した者を対象としたもので、「初期脳梗塞の血中バイオマーカーの開発」を行った五十嵐(他6件)が受賞しました。

写真は2017年4月19日に文部科学省講堂で開催された表彰式の様子です。

文部科学大臣表彰の科学技術賞の技術部門を受賞

表彰式の様子

 

> 文部科学省HP
「平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/04/1384228.htm

 

>千葉日報(2017年5月3日 第4面)に受賞の記事が掲載されました

 

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(千葉市若葉区)

千葉市若葉区の 医療法人社団邦潤会 わかば宮本医院 で脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(人間ドックオプション・簡易型)

 

 

>アミンファーマ研究所

ものづくり補助金に採択されました

この度、平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」に採択されました。AI技術の導入により、脳梗塞リスク評価を効率化し、更なる展開を進めて参ります。

 

 

>アミンファーマ研究所

掲載記事について

 

日頃より、当社の活動にはご理解、ご協力を頂きまして、誠に有難うございます。

「週刊文春(10月6日付)」に当社の批判記事が掲載されました。 当社へ批判的な考えをもつ医師や利用者が多数いて不満が噴出しているかのような誤った理解へ誘導する、極めて事実とは異なる内容になっておりました。

 

1)記事の見出しにあります『批判噴出』に関しまして、今回の「週刊文春」の記事のために、当該雑誌記者が多方面の方々に取材をしていることを耳にしましたが、肯定的意見を述べた複数の専門家の意見は記事内容にはまったく反映されておりませんでした。

2)千葉市様との事業に関しましても、千葉市医師会に所属する医師の方々に説明を行い確認を得て進めたものであり、『批判噴出』と大きく異なる事実もございます。

3)五十嵐の発言について、前後の文脈を無視した表現で、誤った理解を促す記載であると確認しております。

 

当社と致しましては、この報道内容について、その他に反論する内容は多々ございますが、学術面において多数の科学的な根拠を示し、多くの論文を査読審査のある国際専門誌に報告してきている事実がございます。現時点での雑誌社、記者への法的対応は考えておりませんが、科学的な信頼性、これまで取り組んできた事実を基に、関係各所へはご説明申し上げ、冷静に対応する予定でございます。

 

この度はお騒がせをしてしまい、誠に申し訳ございませんが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

株式会社アミンファーマ研究所
代表取締役社長 五十嵐 一衛

 

 

>アミンファーマ研究所

化学工業日報に掲載されました

化学工業日報(2016年9月29日)に弊社記事が掲載されました。
「アミンファーマ研究所 認知症早期診断へ臨床 脳梗塞向け手法を応用」として、認知症の早期診断技術をはじめとする当社開発中の技術について紹介いただいております。

 



>アミンファーマ研究所

月刊MSDに、論文が掲載されました

専門誌「月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト」10月号 第42巻11号「特集:抗血栓療法の進歩と展望」に、弊社の脳梗塞リスク評価の学術的な内容が掲載されました。(P40-43)

>アミンファーマ研究所

神奈川県・ME-BYO BRANDに認定されました

神奈川県は、昨年5月から、未病産業関連の優れた商品・サービスを「ME-BYO BRAND」として認定する制度をスタートさせ、未病産業のブランド化を進めています。

このたび、新たに3件の商品・サービスが「グローバルに未病産業をリードするトップランナー」として、「ME-BYO BRAND」に認定され、当社の『脳梗塞リスク評価』もそのうちの一つとして認定されました。

 

神奈川県HP
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p1067066.html



>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(岐阜県)

岐阜県の実施医療機関が増えました。

岐阜市 かわごえクリニック (簡易型)

瑞穂市 みずほクリニック (簡易型)

 

 

 

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(佐賀県)

佐賀県鳥栖市の医療法人三輪堂医院で脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。(簡易型)

 

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(名古屋市)

愛知県名古屋市の上社眼科で脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(簡易型)

 

 

>アミンファーマ研究所

ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)で紹介されました

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」(2/15(月)23:00~)特集コーナーで、当社の脳梗塞リスク評価が紹介されました。

 

<特集>「治る!最前線 第55回 脳卒中を未然に防ぐ最新技術」
少量の血液から「隠れ脳梗塞」を見つけ出し、脳梗塞になるリスクを数値化して判定する最新検査として、紹介いただきました。

 

 

>アミンファーマ研究所

フジサンケイビジネスアイに掲載されました

フジサンケイビジネスアイ(2016/2/1)に弊社の記事が掲載されました。

かくれ脳梗塞の早期発見に役立つ診断ツールとして注目されており、最近では健康経営を支えるべく企業健保などでも採用されている、として弊社の脳梗塞リスクマーカーを紹介いただいております。

 

☆記事内容は、こちらでもご覧いただけます
産経新聞の経済情報サイト「SankeiBiz」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160201/bsl1602010500003-n1.htm

 

 

>アミンファーマ研究所

千葉市ひとづくり応援カタログで特別価格6000円!

当社の脳梗塞リスク評価サービスが「千葉市ひとづくり応援カタログ事業」に採択され、千葉市内に在住の方・千葉市内に在勤・在学の方に特別価格6,000円でご利用いただけることになりました。これを機会に是非ご利用をご検討ください。

 

詳しくは、千葉市公式HPをご確認ください。

http://chiba-hitodukuri.jp/

http://my.ebook5.net/onionnews/hitodukuri/?page=6

 

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(岐阜市)

岐阜県岐阜市の いまいずみクリニック で脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(簡易型)

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(宮城県仙台市)

宮城県仙台市の七郷クリニックで脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(人間ドックオプション・簡易型)

>アミンファーマ研究所

NEDO実用化ドキュメントに掲載されました

弊社の脳梗塞リスク評価は、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の事業支援により実用化した技術です。

この度、NEDO実用化ドキュメントの取材を受け、HPに掲載されました。脳梗塞リスク評価について解りやすく説明されているとともに、起業・実用化に至る経緯や、今後の展望等についても掲載されておりますので、是非ご覧ください。

NEDO実用化ドキュメントホームページへ
http://www.nedo.go.jp/hyoukabu/articles/201505biomarker/index.html NEDO

 

 

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(大阪市北区)

大阪市北区のJOH&PARTNERS UMEDA CLINICで脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(人間ドックオプション・簡易型)

>アミンファーマ研究所

「日経ビジネス」で紹介されました

日経ビジネス(6/22号 日経BP社)で、当社の脳梗塞リスク評価が紹介されました。

「スペシャルリポート : 判定制度を高め、受診率も上げる 社員を死なせぬ健康診断革命」にて、”血液でこれだけ分かる” として「脳梗塞リスク」のバイオマーカーを紹介いただいております。

記事では、企業は今後ますます社員の健康に責任を持たなくてはならない、として 現状の健診の問題を指摘するとともに、当社の「脳梗塞リスク評価」のような簡便な血液検査の重要性を伝えています。

当社は今後もこのようなニーズに答えるべく、人間ドック等への展開に加え、企業健診へも積極的に展開を行っていきたいと考えております。

 

ご興味をお持ちの方は、いつでもお問い合わせください。

よろしくお願い申し上げます。

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(三重県)

三重県松阪市の山中胃腸科クリニックで脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(簡易型)

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(富山県)

富山県の泉脳神経外科医院で脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(簡易型)

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(山梨県)

山梨県の北原内科クリニックで脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。
(人間ドックオプション・簡易型)

>アミンファーマ研究所

日本経済新聞に掲載されました

日本経済新聞(2015/5/1 千葉・首都圏版)に、弊社記事が掲載されました。

「千葉企業の実力 大学発ベンチャー、早期発見に力」として、脳梗塞リスクを血液検査で判定する弊社の脳梗塞リスクマーカーについて紹介いただいております。

 

 

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(奈良県)

奈良市の とみお岩﨑クリニック で、脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。(人間ドックオプション・簡易型)

>アミンファーマ研究所

脳梗塞検査の実施医療機関が増えました(兵庫県神戸市)

神戸市垂水区の かわクリニック で、脳梗塞検査をご利用いただけるようになりました。

(簡易型)

>アミンファーマ研究所

*

* RSS FEED

ごあいさつ|株式会社アミンファーマ研究所